馬刺し 部位

馬刺しでよく食べられる部位について

馬肉にも牛肉や豚肉と同様、いろいろな部位があり、その部位ごとに適した料理法があります。

 

そこで、ここでは馬肉の部位をご紹介し、馬刺しで食べられる部位を中心に解説していきます。

 

具体的にどういったお肉であるかを確認したい場合は、菅乃屋さんのHPに丁寧にまとめられていますので写真を参考にしてみてください。


 

たてがみ

まず、たてがみの部分にあたるコウネですが、ここは馬にしかない部位でありゼラチン質が多く含まれています。甘みや歯ごたえがありますが、口に含むととろけるようで、馬刺しとして食べられます。

 

ネック

ネックは、その名の通り首筋に当たります。
ここの肉質は硬めのため、煮込み料理にむいています。

 

ブリスケ

ブリスケと呼ばれる部位はネックより下の、前脚の脇あたりの部位です。
霜降りが入っており、コリコリとした食感ですが、それを生かして馬刺しとして食べられます。

 

肩ロース

肩ロースは、牛肉と同じ部位ですね。
さっぱりとした味で、馬刺しをはじめ、焼き肉やしゃぶしゃぶにも用いられます。

 

肩の部位は、馬刺しに使うこともありますが、
硬い部位ですので煮込み料理に主に用いられます。

 

ヒレ

ヒレは、馬肉の中でも赤身の代表格です。
馬刺しをはじめ、ステーキや鍋物に使います。

 

バラ肉

バラ肉は焼き肉などに向いています。

 

フタゴエ

フタゴエというバラの下のお腹辺りに部位は、
馬肉にしかなく、赤身でコリコリした食感があります。
馬刺しにも最適です。

 

馬刺しとして最もよく食べられる部位

ロース

馬刺しでもっともよく食べられる部位は、ロースです。
赤身に霜降りの良質の肉で、柔らかく人気のある部位です。

 

腿から腰にかけての部位をブチアテと呼びますが、
脂肪が少ない赤身で、馬刺しにもステーキにも用いられます。

 

他にも、内もも、外ももなども脂肪が少なく馬刺しに用いられます。

 

すね肉は硬いので、長時間煮込むなどして食べられます。
馬刺しには向いていない部位です。

 

このように、一口に馬刺しといってもいろいろな部位から成ることがわかります。

 

どの部位も、だいたい赤身が多く脂肪が少ないことが特徴で、
馬肉が、高タンパク、低カロリーの食材といわれることも納得いきますね。

 

では、馬肉を実際に買う前に…
本場で愛される馬刺しの美味い食べ方』をご紹介しましょう!

馬刺し-菅乃屋